サイバーセキュリティ

新たな脅威を特定し、
サイバー犯罪にリアルタイムで対抗

概要

今日のサイバーセキュリティソリューションは、脅威シグネチャの作成に特化しているため、既に発見および体系化されたセキュリティ侵害パターンの特定に優れています。   しかし、今日の脅威は急速に進化を続けているため、脅威シグネチャの配布をベースとしたこのようなソリューションでは、対応可能な範囲に致命的なギャップが生まれてしまうのです。  FICOの流動分析はさらなる保護層を作り出し、機械学習と自己調整型アプローチを基に新たな脅威を検知します。  FICOはそのバンキングテクノロジーで得た大規模なIPアセットを活用し、現在市場にあるものとは大幅に異なるサイバーソリューションを構築しました。このソリューションは、既存のインフラや投資と相互補完的に機能します。

 

仕組み

サイバーセキュリティ ソリューションのアーキテクチャ

FICOのサイバーソリューションは実績ある自己調整型分析、コンソーシアムデータ、シグネチャレスのテクロノジーを搭載しており、企業のお客様をサイバー脅威から保護します。シグネチャベースのテクノロジーとは異なり、時系列にまとめられたデータを利用するルールベースのシステムにより、 FICOのサイバー分析は新たなトレンドをはるかに早い時期に検知して、脅威を素早く阻止できます。  

新たな脅威のリアルタム検知:  FICOの実績ある自己学習型分析と異常検出技術を活用してネットワーク全体のアクティビティとリアルタイムのデータストリームをモニタリングし、脅威が出現すると瞬時にこれを特定します。

実用的なインテリジェンス:  業界をリードする分析機能が新たな異常にコンテクストを与えることで、誤検知率を下げるとともに優先順位付けしたアラートを出します。これにより、ビジネスの無駄な中断が最小限に抑えられます。

業界の知見を活用した分析: 分析に関するインテリジェンスは、機密情報を直接やり取りすることなく、知見のコンソーシアムを通じて絶えず強化・改良されます。

パートナー

ビジネスのさらなる成長を実現するために。

詳細は下記フォームよりお問い合わせください。弊社よりご連絡を差し上げます。

対象業種

金融サービス

小売

保険

医療

教育

製薬

通信業

運輸・旅行

製造

消費財

バイオテクノロジー

メディア・エンターテイメント

オンライン小売