FICO® Falcon® Fraud Manager

エンタープライズ企業全体における不正を防止・検知・管理。

概要

FICO® Falcon® Fraud Manager

FICO® Falcon® Platformの基盤として、FICO® Falcon® Fraud Managerは中核となる人工知能の分析処理力を提供し、デビット、クレジット、銀行口座への入金、電子決済、モバイルといった組織の取引における不正検知のニーズに対応します。イベント処理、不正検知やケース作成の戦略開発、また組織の商品、チャネル、顧客にわたる、関連のディシジョニングにも利用することができます。

FICO® Falcon® Fraud Managerは、オンプレミスまたはクラウドで、不正利用のトレンドとアクティビティに対する深い知見を提供します。市場をリードするFICOの予測分析を搭載しているため、絶えず変化する不正利用の傾向に対応し、ルールベースのシステムと比較して、最大50%多く不正利用を検知します。

主要メリット

あらゆるチャネルを分析

誤認の低減

共有データがもたらすより多くの知見

あらゆるチャネルを分析

FICO® Falcon® Fraud Mangerは、支払いカードおよび非カード型電子決済(ACH、電信為替、対面など)、銀行口座への入金やその他のオンライン/モバイル金融機関のアクティビティを保護することができます。

誤認の低減

FICOの業界をリードする分析力を活用することで、誤認率を低減し、顧客に不要な混乱を招くことがなくなります。 

共有データがもたらすより多くの知見

いずれか、またはすべてのプラットフォームモジュールが実装されている場合、FICO® Fraud Managerによってそれらのプラットフォーム間でのデータ共有が可能になります。これにより、FICOのコアテクノロジーは、組織が行う取引に関する不正検知のあらゆるニーズに、高度に統合された形で対応できます。

ソリューションアーキテクチャ

FICO® Falcon® Fraud Manager

FICO® Falcon® Platformの中核部であるFICO® Falcon® Fraud Managerは、トランザクションイベントモニタリングおよびディシジョンテクノロジーを提供するため、組織はエンドツーエンドかつ包括的なアプローチの不正防止策を導入できるようになります。この総合的なコア機能は、アドオンやカスタム機能で簡単に拡張可能であり、バックエンド決済モニタリングやフロントエンド認証ソリューションと統合することもできます。

お客様

お客様と協力しながら
成果を導きます。

主な機能

  • ビッグデータの分析。 FICOの行動分析では、ビッグデータを検証することで何百万ものトランザクションから行動パターンを抽出し、個々の顧客に対する「共同プロファイル」を継続的に更新します。
  • リアルタイムで確認。  FICO® Falcon®  Fraud Managerにはアダプティブ予測分析が取り入れられています。このアダプティブ予測分析には、コンソーシアムまたはカスタムを問わず、ポートフォリオ内で発生した不正に焦点を当て、ケースの傾向をリアルタイムで学習するモデルが搭載されています。 

 

  • 不正をより多く検知。 FICO® Falcon®  Fraud Managerは、予測分析の分野で実績のあるFICOのテクノロジーを活用し、リアルタイム、エンドツーエンドのセキュリティおよびコンプライアンス管理を提供しています。ルールベースのシステムと比較して、最大50%多くの不正を発見・阻止することが可能です。
  • より優れたカスタマーエクスペリエンス。FICOのBehavior Sorted Listsには、正常なアクティビティと疑わしいトランザクションを区別するための高度なアルゴリズムが使用されており、誤検知を抑えることができます。
  • 加盟店のリスクデータを統合。  FICO® Fraud Predictor with Merchant Profilesは、FICO® Falcon® Fraud Managerと 加盟店のデータを組み合わせることで、よりいっそう優れた不正利用検知を実現しています。 
  • 新たな不正のパターンを出現と同時に検知。 FICOの自己学習型かつアダプティブな分析モデルは、新たに発生した不正パターンに対する感度を向上させます。これらのアドバンスド アナリティクスは、過去のデータに依存しません。 

ビジネスのさらなる成長を実現するために。

詳細は下記フォームよりお問い合わせください。弊社よりご連絡を差し上げます。

Hong Leong、FICO® Falcon® Fraud Managerを活用して不正を阻止する

クレジットカード詐欺は、創意にあふれています。常にその方法を変え続け、従来の方法(クレジットカードの盗難)と新たなテクノロジー(カードの偽造)の両方を駆使して、不正なクレジットカードのトランザクションを行っています。最新の方法を常に把握するのは容易ではありません。「2005年にマレーシアがチップとPINに移行した際、多くの銀行やカード発行機関は、不正の方法が瞬く間に変化したことで不意をつかれました」とJohnは語ります。「Hong Leongでも、インターネットを介した不正が大幅に増加したことで、変化を認識していました。」 

このケーススタディでは、FICOがHong Leongと提携し、偽造による対面型の不正をいかに阻止したのかをご覧いただけます。