FICO® TONBELLER® Siron® KYC

顧客を識別し、検証して理解するためのライフサイクルソリューション

概要

顧客熟知義務の包括的ソリューション

Siron® KYCは、顧客関係のライフサイクル全体を通じてKYCコンプライアンスを管理するためのエンドツーエンドのソリューションです。監査で証拠となるドキュメントなど、新規および既存の顧客のリスク分類プロセスに対応します。Siron® KYCはすぐに使用できるインターフェースを備えたサードパーティのデータベースをを活用し、顧客情報を制裁や監視対象リストと照合して、受益権所有者および重要な公的地位を有する人物(PEP)を自動的に識別します。

主要メリット

迅速な顧客の受け入れと精度の高いデータ

規制の変更に即対応

最新の顧客リスク情報にアクセス

迅速な顧客の受け入れと精度の高いデータ

リアルタイムのKYCチェックおよび顧客データの改善により、受け入れ時に顧客デューデリジェンスにかかる時間を短縮します。

規制の変更に即対応

使いやすいインターフェースを持った各金融機関に固有のKYCアンケートを作成し、適用が簡単なルールや設定機能を用いて顧客リスクを分類します。

最新の顧客リスク情報にアクセス

PEPおよび制裁の自動チェックにより顧客リスクの再分類を自動化し、KYC情報を顧客の実際の行動に照らし合わせて継続的にモニタリングします。

ソリューションアーキテクチャ

まとめられた顧客熟知義務アンケート

Siron® KYCは、企業の顧客が誰なのか、顧客のマネーロンダリングのレベルやテロリストの資金調達リスクを明らかにすることで、極めて重要な受け入れプロセスを通じて企業を支援します。簡単に変更可能な顧客熟知義務アンケートは、必要な法的要件および業界標準を組み込んでカスタマイズされており、見込み顧客のリスク評価を自動的に判定できます。

お客様

お客様と協力しながら
成果を導きます。

主な機能

  • 既存顧客の受け入れプロセスも柔軟に統合
  • リスクベースの顧客受入れに対する法令上の顧客デューデリジェンスへのコンプライアンスを維持
  • 顧客熟知義務アンケートの動的な作成および保守を可能にする設計
  • 顧客情報を制裁リストや監視対象リストと突き合わせて犯罪者を識別し、PEPに対するより高度なデューデリジェンスへのコンプライアンスを確保するためPEPデータベースとも照合
  • 受益所有権情報を自動的に取得
  • デフォルトおよびカスタマイズ可能なルールによるリアルタイムのリスク分類 
  • 調査システム(Siron® AMLなど)と情報をやりとりして、顧客の当初意図した説明と実際の行動との相違を検知
  • 基幹バンキングシステムからのデータを標準化して、既存の顧客を確認

ビジネスのさらなる成長を実現するために。

詳細は下記フォームよりお問い合わせください。弊社よりご連絡を差し上げます。

Ecobank、ユニークなSiron®の導入で、グローバルな視野をもってローカルに行動

Ecobank

1985年創立でトーゴのロメを本拠地とするEcobank Transnational Incorporated(ETI)の2つの目標は、アフリカ全体をカバーする世界レベルの銀行を作り上げ、アフリカ大陸の経済および金融面における統合と発展に貢献することです。1980年代初頭、西アフリカ地域の銀行業界は外国資本の銀行と国有銀行に占有されていました。アフリカの民間企業が所有および経営する商業銀行は、ほとんどありませんでした。ETIはこの空白の領域を埋めるべく設立されました。2013年度末に225億ドルの資産を記録したEcobankは、現在アフリカ36か国、世界中40か国に代理店を擁しています。従業員数はおよそ20,000人にのぼり、中央アフリカ最大の金融セクターとなってります。