ビジネスパートナーのデューデリジェンス

Siron®でサードパーティのリスクを管理

概要

グローバル化した経済において、貴社の評判を保持・管理することは、成功に欠かせない要素である一方、最大の課題でもあります。パートナーネットワークの潜在的リスクを判定するビジネスパートナーのデューデリジェンスのプロセスを確立することは、法的規制へのコンプライアンスを確立して貴社のビジネス戦略を実施するうえで役に立ちます。当社のソリューションは、パートナーのネットワークに透明性をもたらし、ビジネスプロセスを加速化してコンプライアンスおよび汚職のリスクを最小限に抑えます。 

ソリューションアーキテクチャ

ビジネスパートナーのデューデリジェンス

取引関係を結ぶ際、ワークフローに基づいた当社のソリューションがパートナーを定義済みのリスクに照らし合わせます。変更はつきものなため、定期的なチェックによってパートナーとの関係が構築された後でリスクが発生しないように徹底します。制裁や汚職防止、国際的なブラックリストとの自動的な照合は、より効果的です。手間のかかる手作業によるリストの突き合わせをなくし、コストを削減します。統合されたコックピットにより、ビジネスパートナーの行動全体を視覚的に把握でき、企業レベルでリスクやコンプライアンスの状況をモニタリングすることが可能です。オープンで柔軟なソリューションのアーキテクチャは、サードパーティ製を含む従来のどんなシステムとも簡単に統合でき、導入に要する時間を短縮することができます。

該当製品

ビジネスのさらなる成長を実現するために。

詳細は下記フォームよりお問い合わせください。弊社よりご連絡を差し上げます。

MTUによりグローバルなビジネスパートナーのデューデリジェンスを自動化

MTU

コンプライアンスの観点から考えて、欧米の中規模のビジネスパートナーをアフリカやアジアなど新興市場の独立した販売担当者と同じように処理しますか?普通はありえないでしょう。MTUはまさにそれを実行していましたが、標準化された柔軟な電子的ワークフローを使用していました。FICO TONBELLERのSiron®KYCは、この綱渡りのような作業をやってのけました。

Rolls Royce Power Systems AGの子会社であるMTUは、FICO TONBELLERソリューションを導入する前ですら、英国収賄防止法や海外汚職行為防止法(FCPA)で制定された国際的な汚職防止規制に従うため、コンプライアンスに重点を置いていました。これらの法令の影響は国家の枠にとどまらず、これらの国でビジネスを展開したり子会社の拠点を構える企業、米国株式市場に上場する企業すべてに及びます。ビジネスパートナーがもたらすリスクを明らかにして適切に対処するため、これらの法令はいずれも、多岐にわたるレベルと程度のリスクベースのデューデリジェンス手続きを義務付けています。独自の営業チームに加えて、MTUはパートナーのネットワークに依存しています。これらのパートナーはMTUの仲介者として機能し、広範なリスク評価を受けなければなりません。完全性とコンプライアンスのほかにも、パートナーの営業およびサービスの質、財務面のパフォーマンス、契約条件やコミッション契約も重要な役割を果たします。2014年以来、FICO TONBELLERのデューデリジェンスソリューションは、これらのビジネスパートナーの管理に利用されてきました。