FICO Customer Communication Services for Insurance

保険のライフサイクル全体にわたるインテリジェントな自動化された顧客エンゲージメント

概要

FICO® CCS for Insuranceは、正確でタイムリーなオムニチャネルコミュニケーションを可能にするプラットフォームを保険会社に提供します。これにより、被保険者や見込み客、請求者が更新、サービス、引受、請求の各イベントで案内を受けられるようにします。  このソリューションによって、被保険者や請求の関係者が指定したチャネルを通じて、コンテンツが確実に自動配信されます。CCSプラットフォームを効果的に使用すれば、加入者の保持率が高まり、請求に関わる費用を抑える一方で、被保険者におけるカスタマーエクスペリエンスと全体的な満足度が向上します。

課題

競争力を維持するために、保険会社は顧客をさらに重視するよう求められています。保険会社は顧客とやりとりする機会を積極的に作り出し、記憶に残る印象の良い体験を提供する必要があります。配信のチャネルが進化した一方で、サービスのイベントは従来のチャネル(音声と郵送)を通じて行われているのが現状なのに対し、消費者の好みはモバイルや電子的な方法へと急速に変わりつつあります。  その結果、多くの保険会社は。加入者の好むチャネルで保険の更新や請求、サービスイベントへの対応について、迅速で効果的かつ積極的なコミュニケーションを望みどおりに提供できていません。

ソリューションアーキテクチャ

FICO Customer Communication Services for Insurance

このソリューションは、保険会社内部の中核となる処理システムやモバイルアプリ、コンタクトセンター、ワークフローアプリケーションを置き換えるのではなく、それらを強化するよう設計されています。顧客とのやりとりが必要な場合は、CCSプラットフォームはバッチファイルのインポートまたはウェブサービスインターフェースを通じて、保険会社の基幹システムからデータにアクセスします。(1) このデータを評価して、どのファイルがCCSプラットフォームから処理が必要かを判断します。(2) CCSプラットフォーム内のルールによって、どの処理が必要かが決まります。これには(3) 顧客への通知のための適切なチャネルとタイミングが含まれます。  (4) 通知が解決すると、あらゆる顧客のアクションや解決は、バッチファイルのアップロードもしくはウェブサービスインターフェースを介して、再び基幹システムに記録されます。

製品別

FICO® Customer Communication Services

製品概要

消費者がより高いサービスを求めるようになり、また消費者の使用するコミュニケーション手段が多岐に広がりを見せているなかで、銀行、公共サービス、自動車メーカー、通信業者、保険会社など、業種を問わずあらゆる組織が各個人と効果的にコミュニケーションをとる方法を模索しています。FICO® Customer Communication Servicesは、自動音声、テキスト、eメール、モバイルアプリを使用し、機械的な応対ではなく、インテリジェントで適応力に優れた双方向型の通知機能を提供します。FICO Customer Communication Servicesは、既存のシステムやプロセスと併せて使用することができ、不正防止、債権回収、カスタマーサービスの向上、サービスの更新やオプション販売を支援します。 

 

製品概要

消費者がより高いサービスを求めるようになり、また消費者の使用するコミュニケーション手段が多岐に広がりを見せているなかで、銀行、公共サービス、自動車メーカー、通信業者、保険会社など、業種を問わずあらゆる組織が各個人と効果的にコミュニケーションをとる方法を模索しています。FICO® Customer Communication Servicesは、自動音声、テキスト、eメール、モバイルアプリを使用し、機械的な応対ではなく、インテリジェントで適応力に優れた双方向型の通知機能を提供します。FICO Customer Communication Servicesは、既存のシステムやプロセスと併せて使用することができ、不正防止、債権回収、カスタマーサービスの向上、サービスの更新やオプション販売を支援します。 

 

ビジネスのさらなる成長を実現するために。

詳細は下記フォームよりお問い合わせください。弊社よりご連絡を差し上げます。

大手住宅保険会社が加入者向けの「ウィンバック型」通知により保持率を向上

「このレベルで積極的な自動処理を行うことにより、保持担当スペシャリストは人と直接コンタクトすることを望む加入者と、より深く関わることができます」